ブライダル

特別な一瞬を形に

筆者は何度か結婚式に参列した事がありますが、あれは出席する側も招待する側も、大変な行事ですね。

式場やホテルで開催される式に披露宴。大勢の人を招いて、料理を遅滞なく出して、楽しんでもらう為のスピーチに出し物。

終わってしまえばほんの数時間の事ですが、渦中にいる間はその何倍にも感じることもあります。
そんな大変ながらも特別な日は、できるだけ形に残しておきたいものですよね。

写真やビデオで撮って、出席してくれた人、都合により来られなかった人、そして何より自分たちの思い出として。

できるだけ綺麗な、その瞬間の空気と雰囲気を一緒に閉じ込めるような一枚を残したい。そう願うならやはり、プロに頼むのが一番です。
高画質高精彩をうたったデジタルカメラやビデオが市販されていますが、結婚式の会場は写真を撮るには暗い場所が多い。

しかも結婚式や披露宴では参列者やスタッフが会場内を歩き回ります。その間を縫ってシャッターチャンスを物にするのは難しいですから。

ウエディング

 

 

 

披露宴後の余韻まで

いくら大切な一枚を残したいと願っていても、まさか花嫁花婿が三脚かついで撮影して回るわけにもいきませんよね?

写真が趣味、得意と言う友人知己に頼んだとしても、その方は式の間ずっとファインダーをのぞき込みシャッターを押し続けることになりますから、せっかくの友人の晴れ舞台を堪能できず、披露宴ならば席には食べられる事のない豪華料理が虚しく並ぶ事になります。

ちなみにこれは、筆者の体験談です。
結婚式の写真は、特別なものです。

主役の二人とその家族、友人知己その他参列者すべての沢山の想いや、気持ちを詰め込んで撮影してもらい、心を込めたステキなアルバムを作って残しましょう。

その後何年経っても、ふたりでアルバムを開いて、同じように結婚式の日の気持ちを思い出して笑いあい、ちょっぴり涙ぐむような、素敵な一枚を。

請け負う会社によっては、お支度の様子や新郎新婦2人だけの記念写真、披露宴後の余韻まで撮影してくれるプランもありますよ。